家づくり(建築・設計)

建物の構造と工法


■木造

「木造軸組工法」・・・在来工法とも呼ばれ、木造の中でも最も一般的なもの。柱や梁、筋交(すじかい、補強用の斜め材)で構成され、この筋交をバランスよく用いることで地震や風圧に耐える。



メリット →材料が安価で軽量のため、コストが安い。構造的な制約が少ないので、窓などの開口部や間取り、デザインの自由度が高く、将来的にリフォームもしやす い。狭い土地などでも効率よく家造りができる。

デメリット →施工に熟練した技術が必要なので、仕上がりにバラつきが出やすい。機密性・遮音性は他の工法より怠る。シロアリ対策が必要



「木造枠組壁工法」…2×4(ツーバイフォー)とも呼ばれ、全荷重を木質の4面の壁と床、天井の6面で支える工法。



メリット →「面」で建物を支える構造のため、頑丈で耐震性に優れている。断熱性・機密性・遮音性に優れている。木造枠組工法に比べ、熟練した職人が不要で、仕上がりにバラつきが出にくく、コストも低い。

デメリット →木造枠組工法に比べ、大きな開口部を取れないなど、設計自由度が低く、リフォームの際などにも間取りの変更がしにくい。湿気や内部結露には十分な注意が必要。シロアリ対策が必要。


■鉄骨造

「軽量鉄骨軸組工法」…木造軸組工法と原理は同じで、柱や梁を軽量鉄骨、筋交をブレースに置き換えている。一般的には、プレハブ工法として採用されている。



メリット →材料が工場生産のため精度が高く、耐久性、耐震性、耐火性に優れる。建築コストが安く、工期も短い。解体時に、鉄骨は有価物としてリサイクル可能。

デメリット →間取りに制限があり、大きな空間の間取りには不向き。熱を伝えやすいため断熱性は低い。熱で変形する。防錆対策が必要。



「重量鉄骨ラーメン工法」…軽量鉄骨よりも厚みのある鉄骨を用い、柱と梁を接合したフレームで支える工法。



メリット →材料が工場生産のため精度が高く、耐久性、耐震性、耐火性に優れる。建物の形状、間取りなどの自由度がかなり高く、木造などでは不可能な大空間が作れる。工期も短めで、解体時には鉄骨は有価物としてリサイクル可能。

デメリット →柱や梁の寸法が大きくなるので、室内に出っ張りが生じる。熱を伝えやすいため、断熱性は低い。熱で変形する。防錆対策が必要。


■鉄筋コンクリート(RC)造

「鉄筋コンクリートラーメン構造」…鉄筋コンクリートの柱と梁で構成されている。中高層のマンションなどはほとんどがこの構造。



メリット →最も耐久力があり、強度も非常に強い。耐震性・耐火性・断熱性にも優れている。設計の自由度も高く、広い空間をとることができる。

デメリット →建築費が高く、工期も長い。かなりの重量があるため、地盤によっては大規模な基礎工事が必要になる。コンクリートの劣化や鉄筋の錆への対策が必要。室内に柱や梁の出っ張りが生じる。



「鉄筋コンクリート壁式構造」…鉄筋コンクリートの耐力壁(構造壁)と床天井のスラブで構成されている。主に、低層の戸建てに用いられる。



メリット →最も耐久力があり、強度も非常に強い。耐火性・断熱性にも優れ、RC造の中でも特に耐震性が強い。室内はすっきりとしているので、内部空間が広く使用できる。RC造の中では比較的コストが安い。

デメリット →建築費が高く、工期も長い。かなりの重量があるため、地盤によっては大規模な基礎工事が必要になる。コンクリートの劣化や鉄筋の錆への対策が必要。部屋や開口部の大きさに制限がある。構造上撤去できない壁が室内に存在するので、間取りの変更が困難な場合がある。