家づくり(建築・設計)

スケジュール(前準備)
家づくりの流れ

家づくりの夢を膨らませよう。
(世代をつなぐ家づくりの夢を具体的にイメージしてみましょう)

世代間をつなぐ夢のマイホームづくりへの第一歩を踏み出してみましょう。
注文住宅とはいえ、すべてのプランが実現可能というわけではありません。
家を建てる土地の特性や、周囲環境への配慮、そして敷地によって建てられる家の規模などが法律で決められているのです。それらのルールをきちんとクリアし、土地や気候風土に調和した家づくりをすることが、快適な家づくりにつながります。
このページでは、これらの基礎知識や、家づくりの流れをご紹介します。

STEP1 現地調査

現地調査に基づいた初期プランご提案

専門スタッフが建築予定地の調査を行います。実際に現地に赴き周囲の道路配置状況を確認するだけでなく、登記簿や土地の図面を記した土地公図の確認を行います。調査をもとに建築に必要とされる基礎工事の把握、その土地に建てられる家の規模、クリアしなくてはならない地区条例や規制などを確認していきます。お客様個人での土地探しが、難しいようでしたら当社の社員がお手伝いいたします。

STEP2 資金計画

融資申込と仮契約入念な資金計画を

金融機関へ住宅ローンの申し込みを行います。その際に必要な書類は初期プランと見積書が必要となります。仮審査後、融資可能額の概算を把握し、家づくりのマネープランニングに進みます。その際、建築費用以外にも税金や引越し費用などの諸経費を含めることをお忘れなく。お客様それぞれに専門のスタッフがつきますので家づくりに関する疑問にお答えします。実際に住宅の費用が、いかに掛かったかを分かりやすい明細書をもってご説明致します。

STEP3 実施設計

何度でも納得のいく家づくり設計を

お客様希望の設計会社があれば、「後悔しない家づくり」のためにお客様や設計士を交えて十分な話し合いを持たせて頂きます。設計事務所を選定できない時は、当社推薦の何社かの事務所とお客様との面談を設定し、納得の行くような住宅設計を行ってまいります。場合によっては、お客様の要望を伝えた何社かに初期依頼しコンペティション(competition:競合をして頂きお客様に選んで頂きます)も可能です。

STEP4 確認申請

家づくりに欠かせない確認申請図書の作成

家づくりのためには、家を支える、基礎や土台、鉄筋の種類や太さなどを細かく記した構造設計が必要になります。具体的な地盤調査や地質調査の後、必要な構造計 算を行い、上下水道、電波障害や地区計画、景観条例などの様々な法律や規制をクリアするための申請を行います。こうして最終的に、確認申請図書と呼ばれる書類を作 成し、より具体的な見積もりを算出します。その後、確認申請図書をもとに、建築許可申請を得ます。