建物の劣化のサイン

このような現象ありませんか?

建物は劣化が進むにつれて様々な現象が出てきますので、ご自身の目でも確認できるように代表的な劣化の症状をご紹介いたします。
下記のような症状が見受けられる場合は当社にご相談下さい。

外壁塗装の劣化(チョーキング)

外壁の塗装面を手で触ると、写真のように手に粉が付く場合があります。
その場合は塗装面が紫外線や風雨にさらされて塗装が進行している状態です。
そのまま放置しますと、塗装が剥がれたり、内部に雨水が侵入する可能性がありますので注意が必要です。

外壁のひび割れ

外壁がコンクリートの場合は、ひび割れによる躯体強度の低下や、ひび割れにより躯体内部に雨水が侵入し鉄筋を腐食させる場合がありますので適切な処理及び対策を取る必要があります。

コンクリートの爆裂

コンクリートの中性化や躯体内部に雨水が浸水しますと、コンクリート内部の鉄筋が錆びて膨張しコンクリートを破損させることがあります。破損した部分が落下し住人や第三者に被害を及ぼす可能性がありますので適切な処理が必要となります。

タイルの浮き・剥がれ・割れ

外壁にタイルを施行されている箇所に、割れや剥がれがある場合はタイルの裏に雨水が侵入し内部の躯体を腐食させる可能性がありますので注意が必要です。
タイルの浮きなどを放置していきますと腐食が進行しタイル自体が落下することもありますので早めの処理が必要となります。

外壁の汚れ

外壁は毎日風雨にさらされているため、コケやカビ、黒ずみ等の汚れがついてきます。
建物の美観を低下させるとともに外壁の劣化にもつながっていきます。

防水の膨れや剥がれ(屋上・バルコニー等)

屋上の防水も紫外線などの影響により劣化していきます。剥がれやひびが入った箇所より雨水が侵入すると、下の階への漏水やコンクリートの内部の鉄筋が錆びてコンクリート爆裂の原因にもなります。

シーリングのひび割れや剥離

シーリングはアルミサッシの周りなどに埋められているゴム状の材料です。紫外線や風雨により劣化していきますと、ひび割れややせ細ってしまいます。そのような現象がでたらその部分より内部に雨水が侵入し建物の内部を痛めてしまう可能性がありますので、外壁塗装の全てのシーリングの代替えをおすすめいたします。

鉄部のサビ

建物には、配管、階段、手摺など鉄を使用している箇所が多数あります。サビはとても進行が速く早めに対処を行わないと腐食して穴が開いたり、強度が保てなくなったりし、事故につながる可能性もありますので、サビの処理は早めの対応が必要となります。