修繕工事の適正時期のめやす

修繕工事の適正時期のめやす

建物は月日が経つにつれて劣化が進行していきます。
建物の劣化は資産価値の低下など様々な問題にかかわってきますので定期的なメンテナンスが必要になります。
気候条件などによって劣化の速度は異なりますが、建物の現状を把握するために検査は必要ですのでお気軽にご相談下さい。

屋上防水工事 10年~15年

屋上などの防水は通常あまり目にすることがない場所ですが、劣化が進み防水層に不具合などが生じた場合には建物の内部に雨水等が侵入し生活環境に支障をきたす場合がありますので定期的な点検が必要になります。
防水の種類には、ウレタン防水、アスファルト防水、シート防水など様々な工法があります。

外壁改修工事 10年~15年

外壁などの躯体部分も、月日が経つにつれて劣化が進行していきます。コンクリートのひび割れや、タイルの浮きなど様々な現象が生じてきます。
そのまま放置しておきますと、劣化部分の落下により事故につながる可能性もありますので定期的な点検と修繕工事は建物を長持ちさせるためには重要な工事になりますので事前の計画が必要になります。

シーリング工事 10年~15年

アルミサッシの枠とコンクリートの壁やその他のコンクリート結合部に詰め込んである材料ですが、劣化が進むと浮き上がったり、亀裂が生じたりして水が侵入する場合があります。外壁の塗り替えを行う場合などに手の届かない箇所の修繕は必要になります。

バルコニー・開放廊下 10年~15年

バルコニーや廊下、階段など日常生活で頻繁に使用する場所であり、床部分の劣化が進行しますと、水たまりや、水漏れにより下の階へ水が侵入しトラブルの原因になる可能性もあります。
ウレタン防水や防滑シートにより対処を行うのが一般的です。