「 海からの感謝状が届きました~ 」 | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2021年8月3日建築部

「 海からの感謝状が届きました~ 」

宜野湾市宇地泊で、11階建てマンション工事の担当しています。建築部の久場です。

あっと言う間に、8月になりました。各種完成検査やマンション内覧会も終え、竣工引き渡しの8月10日に向けて、完成した建物の最終チェックや、竣工図書の作成、それからマンション管理会社さん向けの維持管理に関する説明会など、忙しい毎日を過ごしています。

楽しみにしていたオリンピックも始まりましたが、ここにきて新型コロナ感染者数もかなり増加してきました。

引き続き、新型コロナ感染予防や対策をしっかりやっていこうと思います。

そんな中、今回は海からの感謝状と、内覧会会場の様子をご紹介したいと思います。

まず、海からの感謝状とは・・・。

当現場では、基礎工事中の泥水などの排水は、工事現場から濁水を出さないように濁水処理機を使用し、泥水を濾過して排水しました。

そうする事で、沖縄県の海や川の自然環境を守る事に繋がります。

その濁水処理機のリース費用の一部が、養殖サンゴ移植活動にあてられます。

そして、養殖サンゴの移植が完了すると、海からの感謝状として移植後の写真が、現場に送られてくるのです。

感謝状には、海底での移植後の写真が、東恩納組のラベルと共に写っています。

ラベルもプラスチックごみにならないように、しっかり回収して送られてきました。

少しでも、自然環境保全に貢献できると、嬉しいですね~。

さて次は、先日のマンション内覧会会場の様子を少しだけ、ご紹介したいと思います。

玄関ポーチの立派なシーサーも何とか間に合い、エントランスのテーブルには、新型コロナ感染予防で、アクリル板と消毒液も準備し、換気を行いながら少人数で内覧会を開催しました。

もちろん入館の際には、全員体温チェック含む体調確認を徹底しています。

最後に、当現場の(株)東恩納組 現場技術員の集合写真です。

※写真撮影の瞬間だけ、マスクを外しています。

普段は、みんな作業服ですが、内覧会のこの日は、かりゆしウェアーでさわやかですね~。

みんなで苦労してきたので、みんなで完成の喜びを分かち合いたいと思います。

それまで、あとひと頑張りですが、打ち上げの飲み会は、新型コロナが終息するまでは、お預けです・・。

今月のブログは、忙しくていつもの、趣味の紹介はできなかったのですが、また次回にトレッキングや、キャンプやツーリングやグルメ紹介などを紹介できれば・・・と思います。

 

関連記事