「古琉球」関連施設整備事業(染物・織物の体験・発信拠点)建築工事 | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2022年2月25日建築部

「古琉球」関連施設整備事業(染物・織物の体験・発信拠点)建築工事

皆さんこんにちは!建築部の喜瀬です。

最近は現場が忙しくて時間が流れるのが早く感じます。

今回は躯体工事が終わり、内装工事についてお知らせしたいと思います。

これは内装工事の一つ、タイル張りです。タイルは色んな種類があり使用方法があります。今回この現場は、角磁器質タイルを使用しています。

この写真は軽量鉄骨と言い、コンクリートでは造らなかった壁などを作っていきます。なぜこの様な事をするのかと言うと、建物の軽量化です。全てコンクリートで造ってしまうと、建物が重くなりすぎてしまいます。しかし軽量鉄骨を使うことで、軽量化やコスト削減にもつながります。

続いては天井です!皆さんは自分の家やスーパーの天井ってみますか?天井は各部屋で使用する目的が違うと天井の仕上げも変わってきます。上の二つの写真は、木模様と吸音を目的とした、二つの違う種類の仕上げです。木模様の部屋や展示や販売などの目的とし、自然をイメージしたものです。もう一枚の写真は、吸音ボードと言って、研修室につかいます。話合いなど音が出る場所に使います。

今回はここまで!まだまだ内装工事は沢山ありますが、全部を載せること大変なので次回に持ち越しという事で!

まだ寒いのが続いていますので皆さん体調管理を忘れずに!

また次のブログでお会いしましょう。

以上喜瀬からでした!