【 令和5年 今年1年を振り返って 】 – 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2023年12月28日建築部

【 令和5年 今年1年を振り返って 】

配属現場:中小企業振興会館建設事業施設建築物新築工事(建築・昇降機)

みなさん、こんにちは~ 建築部の久場です。

令和5年も、年末となりましたね~  

さて今回のブログは、今年最後のブログとなりますので仕事も含め、私生活でもどんな1年だったかを簡略的に           

〈嬉しかった事〉〈楽しかった事〉〈悲しかった事〉を振り返っての感想をお伝えしたいと思います。

先ず、初めに

〈 嬉しかった事(達成感)〉

やはり、配属されている中小企業振興会館の工事が、竣工を迎えた事です。

昨年2月の工事スタートから、地下構造物(旧那覇商工会議所建物)の解体工事に始まり、地盤改良工事と地下工事では、地下水に悩まされて、なかなか工事が進まず苦労した事、杭工事や鉄骨工事、地上7階の躯体工事では、敷地いっぱいに新しい建物を建設するにあたり、近隣のホテルやビルとの隙間が狭い場所では、30㎝程度しかなく、足場の設置方法を工夫したり、工事資材置き場が、まったく無く、コンクリートの打設やクレーン作業は、警察署から道路使用許可を得て、道路からの作業がほとんどで、なかなか工事が進まない上、一般車両や歩行者の安全を最優先に考えながら、工事開始から、竣工まで気を抜けない工事でした。

通常、建設工事では、着手して基礎工事→躯体工事→仕上げ工事→竣工と忙しさのピークは竣工に向けて徐々に上がって竣工前がピークになるのですが、今回の工事は基礎工事あたりから竣工まで、ず~っとピークが続いていましたので、竣工した時の喜び、嬉しさ、達成感は特別な物がありました。

今回工事の出来栄えも、高評価を得る事ができましたので、工事に携わった全ての作業員、職人さん達、それから、近隣住民の方や、隣接するホテル、ビル関係者の方々など、御協力くださった皆様への、感謝の気持ちでいっぱいです。 御協力、ありがとうございました。

(竣工した、中小企業振興会館の写真) 外観写真・内装など

 

〈 楽しかった事 〉

楽しかった事ー①

東恩納組では、夏期休暇があります。

その夏期休暇を利用して、東京で目的もなく、ぶらぶら歩いて旅をする。

毎年、行っていますが、目的もなくただ、東京の街並みを見ながら3日間歩き、なんか行列ができていれば、並んで美味しい食事をする、美術館や博物館に入る、ニュースに出ていた新しいビルに行ってみる、大手ゼネコンの工事現場を外から眺める、また、皇居周辺を歩いたり、買い物したり、有名な喫茶店で珈琲を飲むなど、自由気ままに過ごす。

もちろん電車にも乗るけど、ほとんど歩いているかな・・・

今年は、靖国神社から虎ノ門、皇居外苑をぶらぶら歩き、江戸の歴史を探索しながら、とても楽しい夏期休暇を過ごしました。

あ!そういえば、東京駅からバスの日帰りツアーで、富士山にも行ったな~

( ぶらぶら旅の写真 )

 

 

 

靖国神社/皇居外苑 百人番所/忍野八海/富士山/東京ミッドタウン オニツカタイガー/金子半之助の天丼

東京駅の向こうに見える、大手ゼネコンの建設現場 (キッテ屋上からの撮影)、近くからも撮影しましたが、たまたま通りがかって、鉄骨柱のエレクションピースが見えたので、次の層の鉄骨建て方の準備をしているな~っと眺めながら写真を撮影していました。

この写真撮影の二日後に、あの大きな事故がありました。

工事現場の安全管理の大切さを痛感しました。

楽しかった事ー②

今年、映画館で観た映画

今年劇場で観た映画は、まだまだ他にあったような気がするけど、月一度ペースかな・・・現場が忙しかった割には、けっこう行ってるな~ (笑)

日曜日のちょっとした時間があれば、思いつきで映画を観に行く・・・

やはり、映画はいいですよね~ 上映されている2時間は、その世界に引き込まれるし、良いストレス発散になると思います。

来年公開される映画も楽しみですね~

楽しかった事ー③

孫たちの、発表会や、運動会を応援しに行った事。

今は、保育園の発表会でも、ミュージカル風の劇や、伝統芸能の組踊も教えているんですね~  

ちゃんとセリフも方言で、字幕もあるので解りやすく、物語に引き込まれて凄く面白かった~

それから運動会・・・
クラス対抗リレーでは応援も熱くなるし・・・(笑)

他にも、いろいろと発表会がありましたが、そのたびに孫たちの成長を感じられるので、また来年も楽しみにしています。

今年は、アウトドアでのキャンプや釣り、トレッキングなどは、忙しい時期と重なって、なかなか行けなかったので、来年はアウトドアも満喫しようと思います。

 

〈 悲しかった事 〉

ずっと介護をしてきた、母親が他界した事。

母親も、80歳を過ぎてから、だんだんと介護等級もあがり、夏頃からは、完全介護が必要になり入院していましたが、今年の11月に、天国へ旅立ちました。

私自身も、介護をしながら覚悟はできていたのですが、その時を迎えると、やはり悲しいし、寂しいし、子供の頃からの沢山の思い出が、走馬灯のように蘇り、大粒の涙が溢れてきました。

日頃、介護しながらも、「 ごめんね 」と何度も謝る母親に、                              私も、「 ぜんぜん大丈夫、僕が子供の頃にもっと沢山、おむつ替えてもらったし・・・ 」と言ったら、母親も笑ってくれてたりしていました。

それから、いつも「 母さんの子供に生まれて、とても幸せだよ~ 」と、何度も伝えていたし、母親の脈が止まる瞬間も、ずっと手を繋いでいたので、安らかに天国に行ったと思います。

これからも、天国から見ている母親に、恥じないように、しっかり私生活も、仕事も、より一層、頑張りたいと思います。

 

〈 まとめ 〉

 今日のブログは、今年1年を振り返って・・・
と言うタイトルで、嬉しかった事、楽しかった事、悲しかった事を簡略的ではありますが書いてみました。

 他にも、沢山いろんな事がありましたが、今年を振り返って、失敗や反省点なども改めて、来年はもっと、もっと良い年にしようと思います。

本日のブログは、これで終わりたいと思います。

建築部 久場がお伝えしました。

 

 

関連記事