エレベーターの構造と種類 – 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2024年3月28日建築部

エレベーターの構造と種類

皆さんこんにちは、建築部の小橋川です。

今回はエレベーターの構造と種類につて書いていこうと思います。

エレベーター種類は大きく分けて「ロープ式」「油圧式」の2種類があります。

今回は2種類のうちのロープ式について書いていこうと思います。

「ロープ式」

ロープ式エレベーターにも、トラクション式、機械室あり・なし、巻胴式などの種類があります。

まずはトラクション式から説明します。

巻胴式エレベーターとは|アイニチ株式会社

上の図のようにトラクション式ではカゴとウエイトの重量を吊り合わせ、巻き上げ機で効率的に駆動させる、エレベーターになり最も基本的なタイプになります。

次に巻胴式について説明します。

こちらも上の図のようにウエイトはなくカゴに結んだロープを巻胴に巻き付けて動かします。

主に小規模な建物で使われます。

今回はここまでにします。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

2024.05.20建築部
2024.05.17建築部
2024.05.16建築部