ブランシエラ那覇高良新築工事 – 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2022年12月5日建築部

ブランシエラ那覇高良新築工事

皆さんこんにちは。東恩納組建築部の喜瀬です。

12月入り気温の変化が激しく体調管理が難しくなりましたね。私が居るブランシエラ那覇高良新築工事現場は風通しがよく夏は涼しく冬は寒いです。

でも今は基礎工事で地下部分に居るので寒さは防げます。

さて今回は私が寒さ逃れしている基礎状況を説明していきたいと思います。

上の写真は基礎の配筋の一部ベース筋です。基礎は上からの荷重を受けるので頑丈に作らないといけません。

これは配筋自主検査の写真です。図面に記載されているのと同じか確認しています。検査項目は主に縦横の長さ、主筋と配力筋の本数や径と定着長、捨てコンと主筋までのかぶり厚の確認です。設計や施主によって検査項目や写真撮影は異なりますが、自主検査ではチェックシート等で記録しておきます。

基礎のベース筋配筋が終わり次第、地足場の組立にはいります。基礎は建物の大きさや形、地盤の種類によって大きく変わります。私が居る現場は基礎の高さが最大2.4mありますので人の手では届きません。その為に足場を建て上の作業がし易いようにします。

地足場組立完了後の写真です。

地足場組立完了したら基礎・基礎梁の配筋をしていきます。上は鉄筋の搬入状況です。

柱の配筋状況です。主筋とHOOP筋の結束をしている所です。

今はまだ鉄筋工事が始まったばかりなのでここまでしか載せられないですが次回はこの続きから載せたいと思います。

以上喜瀬でした。

関連記事