ブランシエラ那覇高良新築工事 – 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2023年6月6日建築部

ブランシエラ那覇高良新築工事

皆さんこんにちは。建築部の喜瀬です。

5月中旬になり梅雨入りをして気温と湿度が上り熱中症になり易い季節になりました。

私が配属している現場のブランシエラ那覇高良新築工事も熱中症対策をして注意喚起をして作業に取り掛かっています。

今回は台風2号が沖縄に直撃しましたので、台風対策の状況写真を載せたいと思います。

1番目は足場のシートを巻いている状況です。

足場のシートは風をまともに受け足場の崩壊の恐れがありますので台風が来る時は足場のシートを畳み風通しを良くします。

2番目は入口ゲートを固定している状況です。ゲートは2mあり非常に重いがタイヤが付いているので簡単に動きますので風に煽られ道路に出たりして人や車に当たってケガをさせてしまう可能性があるのでゲートは番線などで固定します。

3番目は進入防止ネットです。現場周辺は立入禁止をする為に安全パネルを建てています。これも足場のシート同様に風に煽らて飛んで行きます。シートと違うのは材質です。安全パネルは鋼板ですが軽く硬いのが特徴です。現場の中で台風時には軽く硬いのが一番危険です。飛んで行き易く当たれば大怪我しますので撤去し纏めておきます。安全パネルを撤去したら周囲から人の出入りができてしまいますので安全を考えネットで現場周囲を囲い侵入防止をします。

4番目は飛散物をまとめている状況です。現場には資材や道具が沢山あります。大きさや重さも様々です。台風の雨風で影響を受ける資材は一ヵ所に集めブルーシートを被せて錘を載せます。雨に濡れても大丈夫な物はグリーンネットで飛散しないようにします。

他にも台風対策はありますがブランシエラ那覇高良新築工事は内部工事がまだ始まっていないので対策も少ないです。内部が始まると各開口部の養生などで大忙しです。学生やサラリーマンからすると台風は嬉しいと思いますが工事関係者からすると台風は来てほしくないです。

今回はここまでにします。内部工事が始まったときに台風が来ましたら内部の養生も見せていきます。以上喜瀬からでした。

関連記事

2024.06.21建築部
2024.06.20建築部
2024.06.19建築部