ヘルメット – 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2016年11月22日建築部

ヘルメット

こんにちは!
今、僕がいる現場(農連市場)では、昨日5階床のコンクリート打設がおわりました。
ファイル 1027-1.jpg
躯体も残り半分まできたところで作業にも慣れてスムーズに進んでいると思います。
今回は、僕が最近きになってることについてかきたいと思います。
作業員は工事現場で必ずヘルメットを被っていると思います。被らなくていいという現場はないでしょう。
なぜ、ヘルメットを被らなきゃいけないのか、それは常に現場は危険だからです。どんなに安全を意識しても危険がなくなることはありません。
いつ、どごで災害がおこるかわからない状況で作業をしなければならないなか自分の身に突然、災害がおこった時守ってくれるのはそのヘルメットかもしれません。
こんなにヘルメットを意識したのは、僕は、昇降階段や足場上でいつも単管に頭をぶつけてしまいます。それでも「いたっ!!」だけですむのはヘルメットのおかげだと知りありがたみを実感しました。しっかり着用することで衝撃を軽減してくれ体へのダメージをへらしてくれます。
現場にいくさいはしっかり服装を整えヘルメットを被り作業しましょう。作業員以外の人たちも現場周辺を通るときには十分に注意しながら通るようお願いします。
自分の身は自分で守ることができます!
これからも安全第一で進めていきたいとおもいます。以上、永井からでした。

関連記事

2024.06.21建築部
2024.06.20建築部
2024.06.19建築部