(仮称)毎日急行物流倉庫新築工事(造成) | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2021年6月30日建築部

(仮称)毎日急行物流倉庫新築工事(造成)

皆さん、こんにちは。建築部の東江です。

私が配属されている現場では、現在、主に擁壁工事というものを進めています。

擁壁というものは皆さん聞いたことがある人もいると思いますが、下の写真にもあるように道で歩いている時など見かけることも多いと思います。これを擁壁と言います。

今回私は擁壁ができあがるまでの過程を簡単に紹介したいと思います。

まず最初に設計者からの図面等を用いて、決められた深さまで掘り進め床付け面を整地します。

整地等が済んだら、次に捨てコンクリートを打設していきます。
捨てコンクリートは、墨だしや擁壁の設置がしやすいように作業床を平坦にするもので、コンクリートの強度などは考慮されておりません。

次に、擁壁の基礎となる底版を打設します。これには型枠が必要になってきます。決められた形に施工しないといけないため、この工種が存在します。

そして生コンの打設を行い、養生期間をおいて、型枠の脱型を行えば底版の完成です。

これを上まで繰り返し行い、決められた高さまで施工していけば、擁壁の完成になります。

出来上がり次第、完成の写真を載せていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

以上、建築部の東江でした。