伊平屋水道施設建築工事について | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2021年4月14日建築部

伊平屋水道施設建築工事について

お疲れ様です。
工事部の又吉です。現在コロナの感染が増えて、まん延防止等重点措置などが行われていますが、
みんながコロナにならないための心がけをすることで、感染が少しでも減ると思いますので、
しっかり手洗いうがいとアルコール消毒やマスクの着用を行い、対策していきましょう。

今現在の伊平屋水道施設建築工事は、書類作成を主に、着手前の準備作業を行っています。

4月7日撮影

4月13日撮影

そのため現場作業は行っておりませんが、施工計画や事前確認等を行っている状況です。

建築概要としては、
敷地面積は3,663.00㎡(1,108.06坪)
鉄筋コンクリート造2階建て
建築面積が1,308.44㎡(395.80坪)
延べ面積は2,391.93㎡(723.56坪)になっています。

水道広域化施設整備事業における水道施設の建築工事となっています。

水道広域化施設整備事業とは、沖縄県の本島周辺離島8村(粟国村、渡名喜村、渡嘉敷村、座間味村、
南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村)の簡易水道は、水源水質の悪化、渇水による制限給水、
沖縄本島と比べて割高な料金など、多くの問題が顕在化し、質・量・料金などの水道サービスの
地域間格差が生じており、格差是正が喫緊の課題となっています。
これらの課題解決を図るため、企業局が水源から浄水処理までを担い、沖縄本島と同等の条件で
離島8村に水道水を供給することとしており、実施にあたり老朽化した施設の改良や浄水処理方法の
見直し等、必要な施設整備を行っている事業です。※沖縄県企業局HPから引用

今回はこれで終わりたいと思います。

以上建築部の又吉でした。

関連記事