断熱材 – 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2024年4月10日建築部

断熱材

みなさんこんにちわ、建築部の宮里です。

今回は断熱材について調べましたので、皆さんにも共有したいと思います。

断熱材の役割とは・・・

断熱は、床や壁、梁など建物の構造を支える躯体や、ドアや窓などの開口部を伝わって冷気や熱が出入りをするのを防ぎ、暑さや、寒さを防ぐのが目的です。

ボードや充填などを使用して、外部に面する床や壁、天井や屋根などを断熱します。

断熱材がないとどうなってしまうか・・・

断熱材がなければ室内の保温性が低くなってしまいます。

 

断熱材には種類が多数あり、建築で使われている断熱材は「繊維系」、「天然素材系」、「発砲プラスチック系」に大きく分類されます。「繊維系」には「無機系」と「木質繊維系」があります。

 

断熱材の特徴

無機繊維系

グラスウール ・安価・広く普及している・燃えにくい・防音効果がある・湿気対策が必要

ロックウール ・燃えにくい・撥水性が高い・湿気対策が必要

 

木質繊維系

セルロースファイバー ・価格が高い・結露を防ぎやすい・防音効果がある

 

天然素材系

羊毛(ロールブレス) ・価格が高い・防虫効果が高い・調湿力がある・断熱性に優れている

炭化コルク      ・価格が高い・調湿効果が高い・吸音性に優れている・防虫効果がある

 

発泡プラスチック系

ポリスチレンフォーム ・結露を防ぎやすい・施工しやすい・熱に弱い

硬質ウレタンフォーム ・価格が高い・断熱性に優れている・燃えると有害ガスが発生する

フェノールフォーム ・価格が非常に高い・燃えにくい・有害ガスの不安もほぼない・耐久力がある・断熱性が高い

 

今回は断熱材の必要性と種類について共有しました。以上宮里でした。

関連記事

2024.05.20建築部
2024.05.17建築部
2024.05.16建築部