新型コロナウイルスワクチン接種 | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2021年6月18日総務部

新型コロナウイルスワクチン接種

皆さまこんにちは、総務部の与儀です。

沖縄県では、未だに新型コロナウイルス新規感染者が100人を超える日が続いており、まだまだ注意が必要な状態です。
そして、緊急事態宣言も6月20日(日)から7月11日(日)まで延長となりました。
市町村による65歳以上のワクチン接種も始まっておりますが、全員の接種まではまだまだ時間がかかりそうな状態です。

そこで、われわれ東恩納組も加入している沖縄県建設業協会では、沖縄県建設業協会が主体となり、加入業者の職員・職員の家族・下請(協力)業者の職員へのワクチン接種を行えるように調整を行っております。

ワクチン接種実施の条件が1,000人以上となっており、東恩納組でも職員・職員の家族・下請(協力)業者の職員から、ワクチン接種の希望人数を現在調査しており本日沖縄県建設業協会へ報告致します。
各加入企業から沖縄県建設業協会へ希望人数を報告し、合計の希望人数を取りまとめ1,000人以上いることを確認後、ワクチン接種実施の申請を行うとの事です。
申請後のスケジュールはまだ未定との事ですので、実際のワクチン接種可能日はまだ未定ですが、1日でも早くワクチン接種が行えるようにわれわれも協力できる事は協力していきたいと思います。

ですので、ワクチン接種まではできる対策を引き続き行い、感染拡大予防をがんばっていきましょう。

 

 

関連記事

2021.08.27総務部
2021.07.13総務部