旧中頭病院解体既設建物解体工事 アスベスト撤去 | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2022年5月31日建築部

旧中頭病院解体既設建物解体工事 アスベスト撤去

皆さんこんにちは、建築部 喜屋武です。

今回は旧中頭病院解体既設建物解体工事のアスベスト撤去作業について報告します。

石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれてます。

その繊維が極めて細い為、研磨機、切断機等の使用により石綿が飛散して人が吸引し、石綿による健康被害が長い年月を経て出てくる為、労働安全衛生法や大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などで予防や飛散防止等が図られてます。

今回はレベル3建材(接着剤・下地調整材)の除去作業を行うため対策を入念にし作業を行います。

先ず除去面以外を隔離養生の作業を行います。

続きましてセキュリティーゾーンの設置を行います。

セキュリティーゾーンは「更衣室・洗浄室・前室」の3区画とし、ポリシートカーテンで区切ります。

負圧除じん装置の設置・点検を行います。

養生作業が完了したら除去作業を行います。

作業員は安全保護具を確実に着用して作業を行います。

除去作業の作業状況例写真

以上の手順で飛散防止対策、安全対策を行いアスベスト撤去作業を行っています。

これから暑い季節になってきます現場も熱中症対策等、安全第一で作業を行ってまいります。

以上、建築部 喜屋武でした。