SNS運用について – 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2024年1月12日リタシン不動産

SNS運用について

こんにちは。

不動産事業部の上原です。

年が明け、今年はこれをやってみよう!といった目標はたてていますか?

私は今年やりたいこと、達成したいことをプライベートと仕事で分けて考えるようにしています。

仕事で達成したい目標の1つに『リタシン不動産SNS運用の強化』を設定しました。

なぜSNSなのか、ということをご説明したいと思います。

 

まずは、昨年6月にハウスドゥブランドで不動産事業を全国展開する株式会社And Doホールディングスが発表した、不動産を売却した経験及び購入した経験を持つ全国20歳以上の方を対象に、ご自宅(戸建て、マンション)や土地などの「不動産売却・購入に関するインターネット調査結果」の一部をご確認下さい。

売却を決めた不動産会社の選定理由

どの年代層を通じても「地元に強い」、「担当者が信頼できた」の2項目は挙げられており“地域密着で不動産情報に精通していて、担当者の信頼が厚い”不動産会社が選ばれる事が裏付けられた結果となっております。

大手だから、査定額が高かった、といったことが必ずしも決めてになるわけではないので、上記3つのポイントを意識してお客様対応をおこなうことが大事ですね。

 

不動産売却に関する情報収集

60代以上は、1位:特に無い、2位:ネット検索、2位:知人や住宅売却経験者(口コミ)から20代、30代では「ネット検索」よりも「動画サイト」、「SNS」で情報収集。40代以上ではネット情報に加え「口コミ」情報が上位に登場し、世代間による情報収集の手段の違いが鮮明になっているとともに、ネットからの情報収集が、各年代でも浸透している事が見て取れます。

 

次に、昨年6~7月に株式会社いえらぶGROUPが実施した、不動産会社・エンドユーザーに対して「住まい探しにおけるポータルサイト・SNSの利用状況に関する調査結果」をの一部をご確認下さい。

不動産業者の5割以上が今後伸びる集客方法として「SNS」と回答していますが、不動産業者の6割以上はSNS運用をしていない状況です。

SNS運用をしていたがやめた理由の1位は「担当できる社員がいない」(28.8%)、SNS運用をしていない理由でも「担当できる社員がいない」(42.8%)が1位となっています。

SNSに注目しているものの手が回らない現状が明らかで、SNS運用できる人材がポイントとなることが推測されます。

 

今回のアンケートは売却、購入に関する内容ですが「採用」目的で運用している企業もあります。

つまり、2W1H、Who(誰に)、What(何を)、How(どのように)をしっかり言語化し、フォローされるアカウント運用をしなければやる意味がありません。

SNSだけでも、X(Twitter)、Instagram、Facebook、YouTube、TikTokなどがあり、自社の強みが発揮できる媒体の見極めが大事かと思います。

また、SNS以外にも媒体はあるのでバランスや流入経路などをしっかり作り、戦略性をもったメディアマーケティングを構築する必要があると考えています。

考えるのは大変ですがワクワクしますね!

今後の展開をご期待下さい!

 

東恩納組のリタシン不動産が、あなたの不動産売買を「利他心」の志で全力サポートさせていただきます!!

ご相談は、お電話またはリタシン不動産のお問合せフォーム、ラインにてお気軽にご連絡ください。

TEL 098-850-5734

リタシン不動産ホームページ(お問合せフォームからご連絡ください)→https://www.litacin.com/

ラインで不動産お気軽相談もやってます!→http://line.naver.jp/ti/p/@sib4198m

東恩納組

Facebook→http://urx3.nu/F9Mv

YouTube→http://urx3.nu/UMN4

リタシン不動産

Instagram→https://www.instagram.com/higashionna_litacin/

Twitter→https://twitter.com/hi_litacin

 

 

関連記事

2024.02.29リタシン不動産
2024.02.19リタシン不動産
2024.02.06リタシン不動産
2023.12.18リタシン不動産