「古琉球」関連施設整備事業 躯体コン打設 | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2022年2月24日建築部

「古琉球」関連施設整備事業 躯体コン打設

皆さんこんにちは、建築部 喜屋武です。

「古琉球」関連施設整備事業(染物・織物の体験・発信拠点)建築工事

前回は1階躯体の鉄筋配筋及び型枠工事の現場施工状況報告をしました。 躯体工事に関しましては鉄筋配筋⇒型枠建込み⇒コンクリート打設の工程で進捗して行きます。今回は1階~3階上棟までのコンクリート打設施工状況報告致します。

 

先ずは1階躯体コンクリート打設状況

今回の現場では柱・梁部分が杉板型枠コンクリート打放しになっており、竹竿を使い慎重にコンクリート打設を行います。

下記写真が打設後の写真です。

 

続きまして2階躯体コンクリート打設状況

毎回行いますが設計監理立会のもと受入検査を行いコンクリート打設を行います。

 

 

続いて最上階3階躯体コンクリート打設状況

 

今回は屋根が寄棟造りの形状になっており仕上げには沖縄赤瓦が使用されます。

 

今回、お施主様の希望で上棟げに祭る飾り物家屋の棟を司る神に、

工事の無事故無災害で無事に完成する様成就を願い、破魔弓、破魔矢を祭り祈願いたしました。

今回は1階~3階までの躯体工事の進捗状況をまとめて報告の説明を行いました。
まん延防止対策が解除になりましたがお互い感染防止対策をしっかり行い頑張って行きましょう。
以上、建築部 喜屋武 でした。