「HPC」について – 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2023年7月11日建築部

「HPC」について

皆さんこんにちは!建築部の新垣です。

今回のブログは「HPC」について書いていきたいと思います。

「Hybrid Prestressed Concrete」通称HPCとは、沖縄発の超薄肉コンクリート板で外壁や屋根等で使われる材料となっています。

 

 

沖縄は本土と比べて台風が多く、高温多湿で白アリの発生が多い等の理由で鉄筋コンクリート造が多い県ですが、そんな沖縄でコンクリートの常識を覆す新工法【HPC】と呼ばれるコンクリート板が、2015年に㈱HPC沖縄で開発されました。

特徴として、鉄筋の代わりに緊張材としてカーボンワイヤーによる緊張と、コンクリート膨張材による化学的な緊張との相乗効果で、厚さ50mm以下のコンクリートパネルを製造することができ、厚さが均一の場合は35mmまで薄くする事ができる

そうです。

コンクリートは、中に鉄筋を埋め込み強度を保ちますが、鉄筋が空気や水に触れると錆びて劣化し、強度が下がるため、それを防ぐためにどうしても分厚くなります。

また、沖縄を襲う台風による塩害はコンクリートの敵でもあります。

そこで、鉄筋ではなく先程説明したカーボンワイヤーを使用する事で、塩害とは無縁で、コンクリートを極薄にすることができ、軽量で錆びず、靭性が高い建築資材にする事ができるそうです。

 

ここで余談ではありますがHPCは、コンクリートとは思えないシャープで軽快なデザインが評価され第9回ものづくり日本大賞で 経済産業大臣賞を受賞されています。

私が配属している中小企業振興会館でも来月の8月からHPCの取付け工事が行われますが、まだ私自身実物を見た事がないのでとても楽しみにしています。

今回はこの辺で終わりたいと思います。

以上、建築部の新垣でした。

関連記事

2024.07.11建築部
2024.07.04建築部