【12月は、今しか聴けないクリスマスソングを楽しもう!(第二弾)】 | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2021年12月23日建築部

【12月は、今しか聴けないクリスマスソングを楽しもう!(第二弾)】

建築部の久場です。

新型コロナも少し落ち着いてきた今日この頃ですが、オミクロン変位株による第6波が懸念されていますが、引き続き、気をゆるめず、三密を避け、マスク着用、消毒などをしっかり行いたいと思います。

さて、現在は8月に竣工した、ライオンズマンションの3ヶ月定期点検を行いながら、某レジャー施設の鉄骨立体駐車場工事の着手準備など、師走と言う事もあり、大忙しの毎日を過ごしています。

鉄骨立体駐車場新築工事は、年明けから本格的に始まりますので、工事の方は次回のブログでご紹介したいと思います。

・・・っと言う事で、今回のブログタイトルは、去年12月のブログでもご紹介しましたが、その第二弾として
【12月は、今しか聴けないクリスマスソングを楽しもう!(第二弾)】をご紹介したいと思います。

世の中には、数多くのクリスマスソングがあり、ラジオから流れてくるクリスマスソングに、懐かしさや、楽しい想いで、切ない想い出、悲しい思い出など、あると思いますが、今年も手持ちのCDの中から、去年ご紹介できなかった、クリスマスCDをご紹介したいと思います。

まず、去年のブログでご紹介した、クリスマスCDアルバムです。

去年は、ペンタトニックス、ベビーフェイス、フォープレイ、ホリーコールなどをご紹介しました。

特に、ホリーコールの魅力的な声が、フロントガラス中央から聴こえ、まるで目の前で歌っているかのようで、息遣いや、リップノイズまでもがリアルに聴こえてきて、jazzボーカルの大人のクリスマスソングって感じですと、ご紹介しました。

そして今年ご紹介する、クリスマスCDアルバムです。

写真のCDアルバムは、いろんな有名アーティストの定番クリスマスソングのオリジナルや、jazz風やモータウン風にアレンジされた、アルバム集です。

その中でも、今回あらためていいな~って思ったのは、フランク・シナトラのジングル・ベルです。

なにか、古めかしい音源で、懐かしく感じるような、ああ~これぞクリスマスソング・・・・っと思わせる歌声です。

もちろん、ラジオから流れてくる定番クリスマスソングも、街並みのイルミネーションと相まって、楽しくなりますよね~

みんな大好きな、山下達郎やB’z、桑田佳祐やユーミン、洋楽では、マライヤキャリー、ワム、ジョンレノンなど・・・多すぎて星の数ほどのクリスマスソングがありますが・・・

みなさんも、クリスマスソングで、過去のいろんな想い出が蘇ってきませんか~? 

楽しい想いでや、切ない想い出など、いろいろあると思いますが・・・

私自身も、クリスマスになると、子供の頃の話ですが、小学校2年生の頃だったかな・・・もちろんその頃は、母親がサンタだと知っていましたので、その時テレビのCMでやっていた、ウルトラマン隊員のカッコいいヘルメット(無線マイクと透明ゴーグルが付き)を頼みました。

楽しみにしていた、12月25日クリスマスの朝、枕元に置いてあったのは・・・

なんと、プラスチックの刀と、お祭りに売っているような、ゴム紐の付いた仮面ライダーのお面でした。

「 仮面ライダーがプラスチックの刀は、持ってない--って・・欲しかったのは、テレビCMでやっていた、ウルトラマン隊員のヘルメットだったのに・・・これじゃない・これじゃない・って 」

悲しくて、どれだけ泣いたか・・・2日くらい泣いただろうか・・・

でも、自分が親になって考えてみると・・母親の方が、もっと、もっと、つらかっただろうな・・・って、経済的にきびしかったのに、刀とお面を頑張って2つ買ってくれたんだなぁ~って・・・

もちろん、今では母親には、とても感謝しています。

ほんとに大切な事を教えてくれた、かけがえのない、最高のプレゼントだったと思います。

介護が必要な高齢になっていますが、クリスマスのたびに、思い出しては母に感謝しています。

今回は、自分にとって、いい想い出をお話しましたが・・・他にも、ブログに書けない程の悲しい思い出もありました。

人それぞれ、いろんな思い出があると思いますが・・・

でも、人々が楽しんでいるイルミネーションや、子供や孫たちが楽しみにしているクリスマスを、これからも一緒に楽しみたいと思います。

今回のブログは、ここまでとさせて頂きます。

年末もそうですが、来年も、皆さまにとって良い年でありますように・・・。

以上、建築部の久場でした。

 

関連記事

2022.06.24建築部
2022.06.22建築部
2022.06.21建築部