なかがみ地域よりお届け No,3 | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2021年7月15日建築部

なかがみ地域よりお届け No,3

皆さん、こんにちは。

建築部の知名です。

梅雨も明けてだんだんと日差しも強くなりはじめいよいよ夏本番ですね。いままで以上に熱中症に気を付けていきましょう。

さて、私の前回のブログではALCとは?ということで材料についてご紹介しました。今回はその続きとなります。

ALCの構法は使用する場所ごとにいくつかありますが今回は外壁部分の構法を紹介したいと思います。

外壁部分の構法としては2通りあり、「縦壁ロッキング構法」と「横壁アンカー構法」があります。

縦型ロッキング構法・・・パネルの両端(上下)にアンカーを仕込み回転可能なように取り付けることにより地震などの外力が加わった時に躯体の層間変形に対して、パネルが1枚ごとに面内方向に微小回転して追従する構法。下地鋼材に金物を溶接などで固定しパネル内部のアンカーをボルト止めして躯体に取付けます。パネル重量はパネル下中央の自重受け金物などが支持します。

横壁アンカー構法・・・パネルの両端(左右)にアンカーを仕込み躯体の層間変形に対して、上下段のパネルが相互にずれ合い追従する構法。下地鋼材に溶接などで固定した取付け金物とパネル内部のアンカーをボルト止めして躯体に取付けます。パネル重量は3~5段ごとに取り付ける自重受け金物が支持します。

当現場では縦型ロッキング構法が採用されています。

下の写真のような金物をALCパネルに取り付けていきます。

 

実際の取付状況

ALCパネル建込状況

縦型ロッキング構法イメージ図

 

 

 

 

 

 

今回は以上となります。冒頭でも書きましたが夏本番!熱中症には十分に気を付け、自分だけでなく周りにも気を配りながら頑張っていきましょう。以上、建築部の知名でした。