伊平屋水道施設建築工事について | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2021年3月11日建築部

伊平屋水道施設建築工事について

こんにちは。建築部の又吉です。

今回自分が配属された現場で気になった擁壁について書いていきたいと思います。

この土留はテラセル擁壁と言って現場発生土や砕石を充填して擁壁をつくり、切土の法面を保護する工法です。

またこの擁壁は、壁面緑化が可能です。そして、コンクリートでの擁壁より軽量化が可能です。

材料も高密度ポリエチレンでできております。

また現場での適応性が高く、1:0.1〜1:1で壁高8mまでの高さまで対応可能で、曲線部や勾配の変化にも容易に対応可能な擁壁となっております。

基礎コンクリートも不要で、ある程度の不等沈下にも追従することが可能だそうです。

今回はこれで終わりたいと思います。

以上建築部の又吉でした。

関連記事