粟国村新庁舎新築工事より | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2021年8月4日建築部

粟国村新庁舎新築工事より

皆様こんにちは、今年4月に入社しました。建築部の知念と申します。

現在、私は粟国島の新庁舎新築工事の現場に配属されております。

初めての現場が離島と知った時は、びっくりして何かの間違いかな?と思いました(笑)

さて、粟国島の現場の方ですが、

上の写真の様に、最初は木々が生い茂っていました。

初めはこんなに木々が生い茂っている所に、どのように建てていくのかな?と思っていました。

まず初めに準備工、施工計画、起工前測量、などを行い、伐採作業を始めていき全ての木々を伐採すると下の写真の様になりました!

だいぶすっきりとなりました!

そしてここから、不発弾などが無いか調べるために、磁気探査である水平探査を5層に分けて行い、1層50㎝ずつ掘削していき次に切土(岩掘削)を行います。

その後に、基礎根切りをおこないます。

基礎というのは、構造物からの力を地盤に伝え、構造物を安全に支える機能を持つ構造のことを言います。

上の写真が、基礎根切状況の写真です。

基礎根切もだいぶ進んで、現在は下の写真の様になっています!

 

ここから、ラップルコンクリートや捨てコンを打っていきます。

その様子はまた次回のせます!

入社してまだ4ヶ月で分からない事だらけですが、一日でも早く立派な現場監督になれるよう頑張ります!

これからよろしくお願いします!

今回は現場の進歩状況を紹介しました!

以上知念からでした!

関連記事