西原グリーンセンター自走式駐車場新築 | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2022年3月18日建築部

西原グリーンセンター自走式駐車場新築

皆さんこんにちは、建築部の宮里です。今回は今私が配属されている西原グリーンセンター自走式駐車場新築工事の現場状況について書こうと思います。

私は年明けの令和4年1月にこの現場に配属されました。

私が最初にした作業が、杭芯を出す作業をしました。その後設計者立ち合いのもと建物も位置確認を行いました。

杭芯を出した後は、磁気探査を行いました。「磁気探査とは、第二次世界大戦中の不発弾が現在でも多数埋没しており、工事などで地盤を掘削する場合には、不発弾による事故のないよう事前に磁気探査を行い安全を確かめなければなりません。」今回の磁気探査では、水平探査→確認探査→鉛直探査の順で行いました。

磁気探査を終えた後は杭地業工事を行いました。

杭は、最初にオーガードリルで地盤を掘削した後10m~13mのコンクリート杭を掘削した場所に挿入し打ち込んでいきます。

杭地業工事を終えて土工事に入っています。

土工事に関しては、杭の周辺の床掘りをしています。その際に杭頭処理も同時に行っています。

現在は土工事を進めている状態なので今後も鉄筋工事、型枠工事などの工事が残っているので次回は、床掘りを終えた後から報告をしていきます。

今後も勉強しながら一人前の現場代理人になれるように頑張って行きます。

以上これで報告を終わります。建築部の宮里でした。