那覇市おもろまち三丁目計画より:杭ナビ – 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2023年10月23日建築部

那覇市おもろまち三丁目計画より:杭ナビ

皆さんこんにちは!建築部の大城です!

9月より、弊社東江や渡具知と同じく、那覇市おもろまちにて共同住宅工事を行っています。

現在は杭工事の真っ最中で、土砂の飛散や事故が無いよう、安全に努めたいと思います。また、現場内の清掃だけでなく、仮囲いの美観向上や周囲の清掃も行い、より良い現場環境を作っていけたらと思います。

現在、杭工事を行っていますが、杭工事を始める際、事前に杭の位置を地面に出す必要があります。普段は測量機器「トータルステーション」を使用して位置出しを行っていきます。また、測量機器を操作する人、杭の位置に立つ人等、複数の人員と時間が必要でした。今回、作業の効率化や時間短縮を目的として、ICT機器である「杭ナビ」と呼ばれる測量機器を使用しました。

杭ナビはとにかく簡単で、早く作業を行うことができ、誰でも扱えることが特徴です。

事前に図面を作成、機械に取込み、手元の端末で操作、任意の点まで自動で案内します。

土木では座標データを作成し使用しますが、建築の場合はCADデータでも使用でき、実際に杭ナビ用のCADデータを作成し、活用しました。

実際の使用については、各ポイントを端末の案内に沿って測量し、テンポよく位置出しを行うことができました。

結果的には、2日間見ていた作業でしたが、半日ちょっとで全て終わらすことができ、かなり作業の効率化、時間短縮が出来ました。また、良い機械や工法、材料などは積極的に取り入れていくべきだと感じました。

以上、那覇市おもろまちの現場からでした!

関連記事

2024.06.21建築部
2024.06.20建築部
2024.06.19建築部