マンション大規模修繕工事の必要性 | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2017年5月23日営業

マンション大規模修繕工事の必要性

皆さんこんにちは、営業部の宇江城です。

マンションなどの大型施設の大規模修繕工事の必要性について投稿いたします。
建物の屋上や壁面などは「紫外線」によって徐々に劣化が進行していきます。

屋上防水、外壁塗装、外壁タイル等は紫外線や雨風にさらされることにより劣化し、その箇所から雨水等が浸入して劣化速度を速め、建物の耐久性の低下の原因となります。

そのため、定期的な調査と修繕が必要不可欠となります。

修繕時期を過ぎ、そのままの状態にしていると壁に亀裂が入ったり、タイルが浮いて剥がれ落ちたりする場合があります。(コンクリートは乾燥収縮し亀裂が生じる恐れがあります。)

東恩納組では、様々なマンションや大型施設の修繕工事を行っております。

外壁の亀裂に対しては、亀裂に対しエポキシ樹脂を浸透させ硬化させることにより、亀裂を塞ぎ雨水の浸入を防止することが可能となります。このような工法で亀裂を処理することにより建物の強度を確保することが可能となります。

外壁タイルの場合はタイル目地が劣化し雨水が浸入し、タイルが剥がれ落ち大きな事故につながるケースもあります。そのためコンクリート面と同様にエポキシ樹脂を注入しコンクリートとタイルとを固定します。

タイル面は通常、高圧洗浄や薬液洗浄で汚れを落として完了となるのですが、東恩納組ではタイルの洗浄を行った後に、タイル目地より雨水が浸入する場合がありますので目地を保護するために、浸透性の吸水防止剤を塗布し目地の保護を行っております。

タイル目地用浸透性吸水防止剤を塗布することにより、目地も保護されタイル面に光沢も生まれ景観がとてもきれいになります。

東恩納組では、目地の保護などの細かい部分ではありますが、品質の高い建物をお客様に引き渡すために工夫を行いながら施工を行っております。

お客様が安心して、快適に住み続け、後世へと残していくため、最良の方法で施工いたします。 建物の事で、お困りのことがございましたら、お気軽にご連絡ください。

関連記事