寒暖差疲労 | 株式会社東恩納組

STAFF BLOG

スタッフブログ

2021年2月2日営業

寒暖差疲労

みなさまこんにちは!
リタシン部の武田です。

お久しぶりですね!年明け初のブログです
ブログ掲載メンバーも段々と増えてきているので、毎日見るのが楽しいです!

 

最近、日中はお日様が出てぽかぽかしていますね
年末年始に比べ、雨の日も少なくなってきたので、陽射しが暑いと感じる日が増えてきたように思います。

しかし、日が暮れてしまうと、まだまだ寒さが感じられる日々です!
昼夜の寒暖差が大きく、体調を崩してしまう人も多いのではないでしょうか…

そこで、今回は「寒暖差疲労」について調べてみました。

寒暖差疲労とは…

私たちの体温調整を行ってくれる自律神経。
短期間で体温を上げたり下げたりしていると自律神経が過剰に働き、体の疲労へとつながっていきます。

自律神経が乱れてしまうと日中に活躍する“交感神経”と夜に活躍する“副交感神経”のバランスが崩れ、心身ともに疲れが溜まり、日常生活に支障をきたしてしまいます!

主な症状として

肩こり、腰痛、頭痛、めまい、四肢の冷え、むくみ、
食欲不振、睡眠障害、イライラしやくすなる、落ち込みやすくなるなど

最近、身体の不調がひどくなってきていると感じたら、寒暖差疲労かもしれません!

 

改善策として!

・軽い運動をする
散歩や近場の買い物には徒歩で行き、歩く習慣をつけてみましょう!
車社会の沖縄では、内地よりも歩行習慣が少ないのではないでしょうか?

・ストレッチをする
寝る前にゆっくりとした動きでストレッチを行ってみて下さい!
筋肉をゆるめることで、副交感神経を優位にし、リラックスした状態で睡眠することができると思います。

・体を温める
日中に外で働いていらっしゃる方は、汗で体も冷えやすくなります。
また、沖縄の人は、湯船につかる習慣がないと聞きますので、38~40度程度のぬるめのお湯に10分ほど浸かるように心掛けてみてください!
湯船がない場合は、大きめの桶にお塩とみかんの皮を入れて足湯をするのもいいと思います!

体調を崩しやすい時期です!
ちょっとした心身の疲労・体調不良をそのままにしておくと、流行り病にかかりやすくなってしまいます
まだまだ、新型コロナウィルスの勢いもあり、インフルエンザの流行時期でもあります。
みなさま、お気を付けておすごしください。

 

 

 

東恩納組のリタシンが、あなたの不動産売買を「利他心」の志で全力サポートさせていただきます!!

ご相談は、お電話またはリタシンのお問合せフォーム、ラインにてお気軽にご連絡ください。

TEL 098-850-5734

リタシンホームページ(お問合せフォームからご連絡ください)→https://www.litacin.com/

ラインで不動産お気軽相談もやってます!→http://line.naver.jp/ti/p/@sib4198m

東恩納組

Facebook→http://urx3.nu/F9Mv

YouTube→http://urx3.nu/UMN4

リタシン

Instagram→https://www.instagram.com/higashionna_litacin/

Twitter→https://twitter.com/hi_litacin